人気ブログランキング |
<< コンデジ界の革命 車窓から。 >>
第二回脳内会議
c0120311_3165778.jpg

GR1s

議題:広角レンズ

Nobuにとってこの焦点距離は、いつまでたっても欲しい物リストのままで、買いたい物リストに昇格しません。それはなぜか。今回はこれを掘下げてみましょう。

まず、Nobuが最初に購入した銀塩はGR10でした。その当時はカメラのカの字も知らず、もちろん焦点距離の意味するところや、それによって生じるボケ具合も知りませんでした。その後、運命的な出会い、Noctiluxを知ります。「この蕩ける様なボケはなぜ?」ここが、カメラに対する勉強の始まりであり、レンズ沼への第一歩でした。そう、「広角レンズはボケ具合が少ない」を、知ることになります。

次に、Noctiluxに対する欲求を満たす為、Nobuは焦点距離50mmの明るいレンズを買い始めます。特にボケに癖のあるレンズ、SummaritやSummarを。ですが、Noctiluxを通して、また衝撃的な事実を知ります。「広角レンズはNoctiluxの様にトンネル効果があるぞ。」こうしてNobuは2年前に購入したGRDの為、21mm28mm用外部ファインダーを購入したのでありました。来るべき広角レンズをCLにマウントする為。「戦いは常に先を読むものだよ。」

ですが、先を読めなかった事があります。それは「CLには後玉が出ているレンズは露出計のアームが干渉して付けられない。」そこでNobuは隊長兼隊員1名からなる調査班を結成し、CLにマウント出来るレンズを調査させました。調査結果、Color-Scoper 21mm f4、Snapshot-Scoper 25mm f4、Super Wide-Heliar 15mm f4.5とAVENON-SuperWide-L 21mm f2.8はOK。で、GRD用の外部ファインダーが使えるレンズは、、、、、、Scoper 21mmとAVENON-SuperWide-L 21mmのみ!!AVENONは限定発売でしたっけ?中古で見たこと無いです。残りはScoper 21mmのみ。「このレンズがNobuが買うべきレンズなのか?」。「待てよ、21mmはGRDのワイコンがあるし28mmはGR1sと1vがあるじゃん。」こうして、延々と広角レンズに対する思考が、ループするのです。

以上の事から広角レンズは、いつまでたっても欲しい物リストのままなのでした。

次回の議題:焦点距離35mmレンズ
by ours35 | 2008-03-03 02:04 | 脳内会議
<< コンデジ界の革命 車窓から。 >>