人気ブログランキング |
<< ノクチにおけるハズレ玉とは。 ・・・ガキタ・・・。 >>
安定性と操作性。
c0120311_6321023.jpg

Etareta + Etar IV 5cm f3.5

初めて使うM5はベッサですら大きいと感じていましたが、さらに大きくホールディングし辛いと感じましたね。スローなんて怖くて切れそうになく、絶対にグリップが必要だと思っていました。ですが撮影を重ねるうちに手が滑り難い押さえ方を覚え始めたみたいで、グリップなんて必要なく、1/2秒でもいけそうな予感がしています。噂通りにM5はスローにおいて強そうです。

操作性は言うまでもなく抜群です。ファインダーから目を離さずに右手人差し指でシャッターダイアルを、左手で絞りを操作しながらシャッター速度表示と露出計内の2本のニードルで露出を決められ、その値から直ぐにハイとシャドーの差が一発で分かるのは3点LED表示とは違い、素早く求められ大助かりです。デジタル表示ではなくアナログ表示の曖昧な部分を撮影者が決める、ここが一番気に入っていますね。CLと同様にカメラを操作している、そんな感覚を楽しめます。

ただ、、、、、、、やっぱりデザインはブサイク。
by ours35 | 2010-09-24 07:07 | 銀塩・Pellicule
<< ノクチにおけるハズレ玉とは。 ・・・ガキタ・・・。 >>